<< 前のページに戻る

3月11日手書きのボランティア

東日本大震災の年、5月に女川総合体育館が避難所だったとき
手書きのボランティアに行きました。
何もできないけれど、書くことだったら・・と思いながら。
家を流され、ご家族が見つからないという方が
いらっしゃいました。
見つからないご家族の名前を書いてほしいというご依頼。
書いて手渡すと、
「これでやっとすがるものができました。」
と涙を浮かべながら手にしてくださいました。
じぞうもじを、この時ほど
書かせていただいている、と思ったことはありません。
この時に、これから生きている限り
ずっとこのボランティアを続けよう、と思いました。
毎年3月11日に石巻で手書きのボランティアを
続けています。

投稿を作成しました 354

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る